薬院駅前こまどり皮ふ科クリニック

水いぼ

最近(7月)水いぼで受診する子供が増えてきました。
インターネットで色々見てみると、ほっといても治る、ピンセットでむしる、はと麦茶を飲む、イボコロリを貼るなどなどいろんな治療が載っています。
どれも間違いじゃないんですが。

 

まず、ほっといても治る。
確かに時間はかかりますが治ります。が、色々問題もありまして、まず当院のある地域では、幼稚園やスイミングスクールでプールに入れてくれないところが多いようです。他にも、皮膚の病気は見えるだけに、子供の皮膚にブツブツできると親が心配。これは当然そうでしょう。更に、子供がかきむしって、とびひ(細菌感染)になることもあります。などなど考えると、治療はした方がいいかなと思います。

 

次に、ピンセットでむしりとる。
一般的に皮膚科ではこうしてるようですが、想像しただけで痛いです。でも治ります。ただ、押さえて取れるくらい小さい子ならいいのですが、小学校前くらいになると、子供でも結構力が強くて、難しいことがままあります。一回で全部取りきれるとは限らないので、再度病院に連れて行こうとすると、子供が嫌がってどうにもならないこともあるでしょう。

 

はと麦茶は?です。イボにはと麦茶の成分ヨクイニンは聞いたことがありますが。
ネットで見ると2ヶ月ほど飲むといいと。。。それって自然治癒では?なので当院ではすすめていません。

 

イボコロリは、数が多いととても無理なので現実的ではないでしょう。一個二個ならいいかもしれませんが。

 

当院では、我慢できそうならピンセットで取ることもありますが、泣き叫ぶ、暴れそうな子供の場合は、液体窒素で処置しています。
液体窒素に、ピンセットをつけてそのピンセットで水いぼを挟むと凍ります。何回か繰り返しておしまい。
ピンセットで取るより確実性に劣りますが、子供の負担は雲泥の違いで、今まで泣き叫んで治療できないという子はほとんどいません。
幼稚園以上では結構頑張ってくれます。2、3回通ってもらうことになるかもしれませんが、私としては、これがおすすめかなと思っています。